Google対策

現在、世界中のほとんどの国では、Googleがトップシェアを占めています。このため、海外SEOSEMを実施する場合は、Google対策がとくに重要です。

とはいえ、Googleのアルゴリズムは、どの言語でも基本的には同じ。国によって、言語の特性を活かしたアルゴリズムを導入したり、検索結果の表示方法を変えたりする場合もありますが、ランキングの要素を決めるアルゴリズムは原則的に万国共通です。

グローパルなGoogle対策のハウツーは、日本のGoogl巴対策にみっちり取り組むことで身につきます。GoogleのSEO SEMについては、書籍やウェブサイトなどでさまざまな情報が収集できるため、そちらを参照してください。

海外SEO SEMの視点からおさえておきたい特徴としては、検索エンジンアルゴリズムのアップデートの多くが、英語圏からスター卜するということです。Googleのパンダ、ペンギンアップデートに関しでも、まずアメリカで導入された後に、他の言語にもアルゴリズムが適応されるという流れでした。このため、グローパルサイトを持つ日本企業にとっては、日本語サイトより前に英語サイトへの対応が迫られます。

ただし、英語以外のサイトの場合は多少のタイムラグがあります。その期間にアルゴリズムの違いを分析して、日本語やその他の言語のサイトへの対応を研究することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です