Yahoo! Japan

2010年12月、Yahoo!JapanがGoogleの検索エンジンを採用するという、とても重大な出来事が起こったのです。結果、日本の検索エンジンは、シェアの約9害リがGoogleとなりました。これによりYahoo!対策を行ってきたSEO業者が、対GoogleへのSEO対策へと変更を余儀なくされたのです。

同時に、Googleがこれまでにない程の大きな動きで、アルゴリズムの変更を行うようになりました。アルゴリズムとは、検索順位における査定基準のことです。代表的なアップデートに、「パンダ」ゃ「ペンギン」と呼ばれるものがあります。

ここで特筆すべきことは、これまで外部リンクを重視してきたGoogleが、内部のコンテンツの善し悪しをより判断するようになったということです。つまり、内容重視にしようという是正の動きが始まったのです。

そのせいか、この頃から外部リンクが以前ほど効かなくなりました。そればかりか、不自然、もしくは過剰な被リンクを受けているサイトの順位が急落するという事態が発生するようになりました。Googleによる、同一キーワードや大量リンクに対するフィルターが強くなっていると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です