抽象的なキーワード

検索エンジンを使って商品やサ―ビスを購入しようとしている人は、抽象
的なキーワードで探していることは非常に少ない。 例えば 宝石を買いたい人が宝石という検索キーワードで検索していると思えば、それは早計である。なぜならば、宝石という検索キーワードを 入力しても、たくさんのホームページが検出されて、自分の好みのデザインの宝石を見つけるのは、非常に困難であることは分かっているからである。 検索エンジンというのは、 欲しい情報をすぐに見つけられるというメリットがあり、この機能を利用している人は、 すぐに見つけたいリという、セッカチな人が多いのだ。もし、セッカチではない人が宝石を求めているのであれば、次の日に宝石屋さんに足を運んでも良いし、のんびりと雑誌を買ってきて、宝石を品定めして 電話をかけて購入しても良い。
わざわざパソコンを立ち上げて、インターネットを通じて宝石を捜している のだから、今すぐ欲しい今すぐ調べたいという状況であるのは明らかである。そんなセッカチな人が、わざわざ抽象的な言葉で探すのが面倒くさ い宝石という検索キーワードで、 商品を探しているはずがないです。